緑内障や飛蚊症は放おっておくと危険な病気〜早めに治療をしよう〜

医者

自覚症状がない病気

先生

緑内障は、中高年に多い病気です。緑内障は、視神経に異常が起こり、見たものが脳にうまく伝えられないことで起こります。緑内障が起こると、目にモヤがかかったような感覚で視界が見えにくくなります。また、人によっては、部分的にモヤがかかってしまい視界が狭くなるという人もいます。そのため、症状は人によって様々です。初期段階では、自覚症状がない人もいるため、気にされないことが多いです。しかし、これが徐々に進行してしまうと、視界がどんどん狭まってしまうのです。視界が見えなくなってしまうと、生活にも支障が出てしまいます。また、車を運転する人は、事故になる危険性もあるため、視界が悪いと感じる人は病院で治療してもらうようにしましょう。

現在では、緑内障にかかる人は40歳以上の方に多く、20人に1人がかかっていると言われています。その中のうちの約8割の方が自覚症状のないまま病院を訪れて、検査結果で知らされたというケースが多いです。また、緑内障は、徐々に進行していく病気とされていますが、中には、急に発症してしまし進行も早い場合もあります。急に発症する時に起こる症状には、目の痛みや充血、頭痛や嘔吐などがあります。もし、このような症状が起こった場合は、早急に病院へ行って診察してもらうようにしましょう。病院で検査してもらうことで、原因などを詳しく検査してもらえ、対処してもらえます。対処してもらうことで、病気を治すことできるのです。

Copyright© 2015 緑内障や飛蚊症は放おっておくと危険な病気〜早めに治療をしよう〜All Rights Reserved.